顔汗を止めているアナウンサーや女優さんは何をしてるの?

顔汗を止めたいって考えた時にすぐに思いついたのが、アナウンサーや女優さんなどテレビに出ている人たち。この人達は顔汗をほとんどかかないんですが、どうやって止めているんでしょうか?
MENU

顔汗をかかないのはアナウンサーや女優だけど、なぜ顔汗をかかないの?

顔汗をかかないのはアナウンサーや女優だけど、なぜ顔汗をかかないの?

 

顔汗をかかないアナウンサーや女優は少し温度が多めだったり、体を動かすとすぐに顔汗をかいてしまう…というお不安のヤツは意外と多くいるものです。風貌に汗が浮いていると、周りも気になりますし、奥様の場合はおメーキャップ変形なども起き易くなってしまいます。汗のかきやすさは体質によって決まっているポイントもあり、進歩をするのはなんだか難しいとされています。しかし、TVの中のアイドルやアナウンサー、そうして女優様は、あまり顔汗をかいていません。TV採集工場などは、既存硬い燈火にさらされており、思い切りエアコンも大きいときのはずです。TVの中のモデルは、どのような方法で顔汗かかないようにしているのでしょうか。

 

じつは、モデルや女優様にも汗をかきやすい慣習の個人は掛かる、といわれています。TV採集の合間に、うちわで扇ぐなどして対策をして要る、という話です。よくドラマやフィルムの中で、女優役の個人が付き人などにうちわで扇がせて要るフェイズなどがありますが、あれは汗を乾かす結果で、現実にも行われているそうです。

 

その他の戦略として、アナウンサーなどはメソッド押しにて、顔汗を防いでいるといわれています。鎖骨の下におけるメソッドを圧迫することで、幾分お隣発汗という体の反射作用を利用した方法です。幾分お隣発汗とは、体の端っこがプレスされると、その部分に汗をかきにくい進度となり、別の部位の発汗かさが上がる、というものです。鎖骨の下を圧迫することで、首から上の汗を鎮め、その分の汗を健康で排出している、ということなのです。

 

幾分お隣発汗の感化は古くから知られており、例えばいつも白粉でおメーキャップしている舞妓様もこの感化によっていたとされています。被服の帯で胸部を治めることで、躯幹の汗を抑制していたそうです。

このページの先頭へ